Hoshow Mitani


by Hoshow Mitani

プロフィールを見る
画像一覧

Facebookページ


カテゴリ

全体
Music
Picture
Other things
Information

画像一覧

Wave

先日、一ヶ月の間、友人の旦那様から高価なコンデンサーマイクとケーブルを貸していただきました。そのマイクを通してヘッドフォンで自分のヴァイオリンの音を聴いてみると、耳障りの良い音になって聴こえてきました(ヴァイオリンは間近で聴くと結構耳障りな音がします、笑)。しかもチェロ音域の低音は深い音がして、びっくりしました。今回はそのマイクで曲を作ってみました。

私は、自分の曲を再生した時、映像に頼らずに、生命を感じられるようにしたいと思っています。曲を聴いて、何かを想像するのではなくて、曲自体が命がある存在に感じられるようにしたいのです。

試行錯誤の中ではありますが、どんな環境でも自分なりに最善を尽くす、その積み重ねが「無」から「命」を生み出すのだと感じています。

『Wave』




[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2017-03-18 18:23 | Music

LIVE HOLIC extra×JBL SPECIAL MOVIE

SPACE SHOWER TVの『LIVE HOLIC extra×JBL SPECIAL MOVIE』という企画の音楽を製作しました~。ジングルは別の方が作っていて、私はそれ以外の短めの曲を10曲製作しました。

監督のイメージに近い音楽を探る工程で、かなり多くのボツ曲もでましたが(笑)、これまで作ったことのない方向性の音楽製作は、とても楽しかったです。今後、全部で7本の動画が作られるようです。




[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2017-02-04 18:21 | Information

Particle

全てを司っているのは、ものすごくものすご〜くちいさな存在なんだと思う。ツブツブの力、すごいと思う。
f0215924_18005179.jpg

[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2016-12-12 18:08 | Picture

Particle of Piano

『Particle of Piano』という曲を作りました。
少し前に別の仕事でピアノメインの曲を作り、これは、ちょっと、、ピアノの音の作り方をレベルアップしなくては、、とピアノだけの曲を試行錯誤して作った、というわけです。

ピアノは実際に私が弾いてはいるのですが、MIDIキーボードを使用して、内臓音源で無理やりSteinwayの音にしているため、ピアノの音の広がり、奥行き感が薄く、何度も何度もミックスをやり直して、とりあえず、今の私の限界がこれかな、、というところで一旦終了としました。

ピアノって、普通は一曲の中で一人の奏者が弾いていることが多いので、内臓音源を使用する場合、スピーカーの左側には低音がきて、右側には高音がくる、という設定になってしまっているのです。でも、私はピアノで実際に演奏するかどうか、というより、ピアノの個性的な音に注目した曲を作りたかった。。ので、そんな、低音が左で、、、とかではなく、音のまとまり感を出したかったわけです。で、なかなか思った感じにならず、苦戦したのでした。

また、時間をあけて、研究してみたいと思います。


[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2016-12-12 17:57 | Music

ギターを買いました

作曲するといっても、今の時代、楽譜だけ書いても仕事にはならないので、演奏も録音もして、完全に曲として仕上げるところまでやるのが普通になっているのだと思います。なので、できるだけ自分で弾ける楽器が多いに越したことはない、と、ギターを始めました。早くギターの曲も作ってみたいと張り切っています。面白い世界が広がってきます、ギター。




[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2016-10-31 17:33 | Music

Thank you from Fukushima

先日、福島県の内堀知事がアメリカのワシントンD.C.にある戦略国際問題研究所と、ニューヨークの国際連合本部に訪問された際に使用された「Thank you from Fukushima」という映像で私は音楽を担当しました。

撮影から納品まで10日ほどしかなかったため、映像の編集と音楽の制作が同時進行になり、曲の長さやテンポや展開の仕方が最後の最後までひっくり返ったりして大変な作業でした。でも、福島県の方々が被災された際にアメリカの方々から受けた支援に対して、心から「ありがとう」と思っている、それを伝えたい。という内容の作品だったため、とにかく絶対に良いものを作りたい!という気持ちで納品直前まで粘って粘って仕上げました。ピアノと弦楽四重奏の編成です。

世に出ることはないようですが、この作品に関わることができてうれしかったです。



[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2016-10-30 02:28 | Information

新曲『Inside of the Eyes』をアップしました〜

マイクスタンドを変えました!これまで音を録音するのに使っていたマイクは重めのものだったのですが、スタンドは軽いマイク用のものだったので、グラグラしていたのです。でもこれからは安心して録音できます。(笑)

安心して演奏に集中したので、けっこう感覚的で立体的な世界が作れた気がしています。楽譜はありません。即興で5パート(あれ?6パートだったかな?)重ねて作りました。


[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2016-10-30 02:03 | Music

"Rain of Col legno"

先日『Rain of Col legno』という曲を作りました。コルレーニョとはヴァイオリンの特殊奏法の一つで、弓の木の方で弦を叩くようにして演奏する奏法です。高価な弓を使用しているヴァイオリニストは嫌いな奏法ですね。傷がつきますし、毛と違い交換できないですから。でも、マイクを通してヘッドホンで聴くと、なんとも心地の良い音がするのです。
コルレーニョは音量の小さい奏法なので、録音した音を処理する段階で、電気的に音量を上げようとするとノイズの乗りが目立ってしまうため、そのあたりに苦戦しました。







[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2016-08-26 05:53 | Music

まだまだ終わりません。

某会社のweb制作がなかなか終わらない〜!もう一体何ヶ月かかってる?、、ので、自分の創作活動にもなかなかとりかかれずにいます。。
そんなこんなですが、作曲のworks情報も自分の記録として書き残しておこうと思います。

▪️GAORA「スポーツ・メンタルトーク」
http://www.gaora.co.jp/andmore/2238280

番組のジングルや挿入曲を制作しました。ピアノとハンドクラッピングが主役の短い曲を10曲程制作しています。放送は4月から始まっています。


▪️SPACE SHOWER TV 「PREMIUM INTERVIEW」
こちらも番組のジングルや挿入曲を制作しました。編成はストリングスとピアノで4曲制作しました。


▪️横山航「ただ走る」

CG等を使わずアナログな手法で制作されたというアニメーションに音楽をつけました。車の音から息遣いまで全てヴァイオリンだけで表現しています。ポーランドなど海外の展示会でも発表されたそうです。
[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2016-07-13 18:16 | Music

子どもとアレルギーのこと

アレルギーの子どもは増えているとは聞くものの、私の周りには何かのアレルギーがある子どもたちはほとんどいないです。アレルギーの治療に関しても、テレビなどで紹介される、「アレルギー物質に慣らすことで完治できる!」みたいな情報と現実とのギャップも感じています。

最近になって娘は咳喘息と診断されました。それもアレルギーが関係しているようです。娘は食物では卵のアレルギーから始まり、次に小麦、乳製品とアレルギーを発症しました。完全除去していて数値が下がり解除されたと思ったらまた数値が上がって除去になったり、、と繰り返しています。環境では犬、猫の数値が高く、症状もひどくなるため、犬猫を飼っている実家や親戚の家には遊びにいくこともできません。最近になって、花粉やハウスダストの数値も上がり始め、病院からもこれからは見えないアレルギーとの戦いが始まる、と言われているところです。

息子に関しては、食物は卵だけですが、ハウスダストの数値がかなり高く、アトピーで肌がとても弱いので、少しでも悪化させないようにと環境を整えるのがなかなか大変です。寝具の管理もそうですが、洗濯も合成洗剤が使えない(肌が荒れてしまう)ため、粉の石鹸洗剤を使用しています。石鹸洗剤向きの洗濯機を購入したものの、洗剤を溶け残らないようにするために、途中泡の状態を確認したり、すすぎをふやしたり、クエン酸を入れて止めたりするため、一回まわすのに2時間はかかります。同じ洗濯量を合成洗剤で洗うときは45分で、しかもボタン一つで終了するので大分手間が違うな〜と思います。

息子はとにかく肌が弱く、除菌材をかけている園の砂場で遊ぶとかぶれてしまうし、お風呂でも石鹸でかぶれてしまうため、お湯だけで体も髪も洗うしかありません。アレルギーだと、市販の加工品やお弁当やパンなども利用できないため、手間もかかります。。

世の中いろいろな病気があって、いろいろな痛みと不安と苦労と偏見に苦しんでいる人がたくさんいるのだとおもいます。子どものアレルギーを通して、少しでもそういう方々の気持ちを想像することができるようになったのはありがたいことですが、自分の力のなさと人が生きる意味について向き合わない日はありません。





[PR]
# by hosho_tsubuyaki | 2016-05-06 11:13 | Other things